健診看護師の求人

保健師の業務内容・活躍する職場

保健師は、病気の人を看護する看護師とちがい、予防・健康管理に携わる専門職です。
自治体の保健所などで、赤ちゃんや地域住民の健康管理を行う行政保健師や、企業に勤務して社員の健康管理を行う産業保健師、大学などの学校に勤務する学校保健師(養護教諭)などがあります。

 

具体的には、保健所、市役所、健診センター、病院、民間企業、大学などで活躍しています。

保健師ってどんな仕事?

非常に多岐にわたりますが、多くの保健師は市町村などの自治体に勤めています。
市町村で働く行政保健師の場合、公務員となります。
そのため、採用試験は面接だけでなく筆記試験も受けなくてはなりません。教養科目、専門科目、小論文などです。教養科目は一般の公務員試験と同じです。

 

養護教諭として働く場合は、教員免許が必要。保健師は、大学などで必要な単位を取得した後、教育委員会に申請すれば養護教諭2種免許が取得できます。

 

必要とされる求人が、看護師と比べ多くないことや、離職者が少ないことから、なかなか厳しい採用状況と言えます。
自分の働きたい自治体で求人が出るかどうかは、タイミング次第。

 

そのため、保健師の資格を持ちつつも、看護師として病院などで勤務している人も大勢います。何年か努めて臨床の経験を積んでから、保健師として転職する人も。
逆に、保健師から看護師へと転職するのは難しいでしょう。