健診看護師の求人

健診ナースに必要な資格・スキルは?

健診センターで看護師として働くのに必要な資格は、正看護師、准看護師になります。
健診施設だからといって特別な資格が必要になることはありません。

 

ただ、看護師として勤務する場合でも、保健師の資格を持っていた方が就職しやすい傾向があります。
実際、保健師の資格を持っている人だけを集めている健診センターも中にはあるくらいです。

何か持っておいた方が良い資格はあるの?

健診業務で求められる仕事と言えば、とにかく採血です。半日で100人以上だったり、一時間で40人以上こなさなくてはならない現場も。
しかも、失敗は許されません。苦手な人は訓練あるのみ。そのため、経験の浅い看護師は採用されにくいのが現実です。

 

また、技術面以外では、接遇が特に重視されます。サービス業としての意識が求められます。
病人ではなく、健康な人の相手をすることになるからです。自分は客だという意識があるため、看護師の態度や失敗に対して文句を言う人が多いと言われています。順番などを間違えないように気を付けなくてはなりません。

 

病院に併設されている健診センターの場合は、病院の当直シフトに入らなくてはならない場合も。前もって確認しておきましょう。

 

日本総合健診医学会の認定する総合健診指導士という資格があります。5年以上勤務するなどの厳しい条件をクリアする必要があるので、就職したら目指すのもいいでしょう。

 

とにかく、採血スキルが高いこと。そして、接遇面。この2つは面接でも必ず聞かれるでしょう。